現代に残された数少ない夢の対決

現代に残された数少ない夢の対決。
あと10年早かったら・・・という気持ちもありますが、吟味して見ましょう。


プロレスリング・ノアは6日、故三沢光晴さんの追悼興行「GREAT VOYAGE ’09 in TOKYO 〜Mitsuharu Misawa,always in our hearts〜」(27日、東京・日本武道館)の決定対戦カード第1弾として、田上明&武藤敬司組vs.小橋建太&高山善廣組を発表しました。小橋と武藤は初対決となります。

三沢さんの名の下に、全日本プロレスから武藤が久々のノア参戦を果たし、田上との“社長タッグ”を結成。対小橋&高山組という豪華タッグマッチが実現します。小橋と武藤の顔合わせは「四天王」と「闘魂三銃士」に残された最後の夢カードであり、いかなる戦いが繰り広げられるのかが注目です。

トップ > 格闘技 > 現代に残された数少ない夢の対決

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。